イメージ画像
宝石買取.com|これさえ守れば怖くない!失敗しない実践ガイド TOP他人と差がつく豆知識 >宝石買取の常識

実はそうじゃなかった宝石買取の常識


本当の宝石買取の常識とは?

ここでは、私が宝石買取をしてもらう前と、実際に宝石買取をしてもらった後で「思ってたことと違う!」というのがいくつかありました。どうせ売るならできるだけ高い値段で売りたかったので、複数の宝石買取業者に問い合わせたり査定してもらったりしたので、気づいたことが多いです。もし1社しか利用していなかったら気づかなかったと思います。これから宝石買取をしてもらおうという方が損をしないために、宝石買取で一般的に言われていること(いわゆる常識)で注意すべきことをいくつか挙げておきたいと思います。

まず注意しておきたいのが、電話やメールでの査定についてです。宝石買取には電話やメールで査定額を見積もることができるというのをウリにしているところもありますが、これを頭から信じるのはやめた方が良いと思います。メールで査定してもらえるなら楽だと思い、私も依頼してみた業者があります。なかなか良い値段だったので、メール査定の数日後にその店舗に宝石の現物を持ちこんだのですが、なんとその場で提示されたのは随分安い値段でした。それなら他のところに売ろうと思って、売らずに持ち帰ってきたのですが、メール査定で納得してそのまま郵送買取などを頼まなくて良かったと心から思います。なぜこのようなことになるかというと、宝石はやはり現物を見ないとキズの具合や彩度、明度等のグレードの細かいところまでは判断できないというのがひとつ、それから、宝石買取業者自身の在庫数やキャンペーン、経営状態などでも買取価格は日々変動するというのも理由として考えられるようです。電話やメールでの査定額は参考程度にしましょう。

それから、大手宝石買取業者ほど高い値段で買取をしてもらえるのではないか、という期待についてです。大手買取業者ほど販売ルートも確立されているだろうから高く買取してもらえるだろうと思いがちですが、いろいろな宝石買取業者に査定してもらったところ、そうでもなさそうだということがわかりました。これは私の推測ですが、おそらく、大手ほど広告費や人件費など、宝石以外のところでお金がかかること、「大手だから安心」と思って他の業者と比較せずに買取依頼する人が多いから安めの査定額を提示しても買取できる場合が多いことなどが理由なのではないでしょうか。

もうひとつ注意したいのが、宝石買取業者のスタッフの方の言う「相場」についてです。査定額があまり高くなくても「相場はいくらなのでこの金額で妥当です」などと言われると納得してしまいがちですが、これは鵜呑みにしない方が良いでしょう。実際、複数の業者で同じ宝石を査定してもらったときに同じようなコメントをもらいましたが、その相場という価格はそれぞれ結構差がありましたよ。

あとは、買取価格と購入金額の関係でしょうか。購入金額の半額とか○分の一とかの値段でしか買取してもらえないイメージがあったのですが、実際に宝石買取をしてもらってみてわかったことには、買取価格は当時の購入金額とは関係ないということです。ものによっては購入金額より高く売れる可能性すらあるそうですよ。

これから宝石買取を依頼する方は、是非これらのことに注意してみてくださいね。