イメージ画像
宝石買取.com|これさえ守れば怖くない!失敗しない実践ガイド TOP宝石の流行 >宝石の流行原因

宝石類にも流行があるって本当?


流行遅れの宝石は買い替えがおすすめ

宝石類というのは長持ちするものですから流行が無く、何歳になっても使えるもののように一見思われがちです。ですが、そうではないことを実感している方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。特に、ルビーやサファイア、エメラルドなどといった色のついた宝石(いわゆる「色石」と呼ばれるタイプの宝石)は、「お気に入りだったはずなのにしばらく使わずにいるともう身につける気にならない」という方が少なくありません。

その原因としては、色石の色の問題があります。これは洋服でも同じことが言えますが、年齢や生活習慣などにより肌の色味が変わってくると、同じ色石でも肌が暗く見えるようになってしまったり老けて見えるようになってしまうことがあります。自分を美しく飾ってくれるはずの宝石が悪影響を及ぼすようでは困りますからね。似合わなくなった色石は、買い替え時だと思います。

それから、色石はダイヤモンド以上に流行があります。流行の原因は何でしょうか。世界的なセレブがつけているから流行になる、というようなものもありますが、日本で流行る色石というのはどちらかというと中国の宝石市場で流行っているものがそのまま流行になる傾向があるようです。宝石の流行を先取りするなら、中国の宝石市場をチェックしてみるというのも良いかもしれません。流行遅れになってきた色石は宝石買取に出し、流行りの色石を新しく買うというのも良いですね。