イメージ画像
宝石買取.com|これさえ守れば怖くない!失敗しない実践ガイド TOP宝石買取業者 >売却方法

宝石買取の売り方とメリット・デメリット


宝石買取方法の選び方

宝石買取業者に宝石を売却する場合、その方法は3種類あります。(1)来店して査定・買取してもらう方法、(2)宅配便で送って査定・買取してもらう方法、(3)自宅まで来てもらって査定・買取してもらう方法(≒出張買取)の3種類です。それぞれの宝石買取方法のメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

(1)来店査定・買取 <メリット> 来店予約が不要の買取業者を選べば、自分の都合の良い時に来店し、査定・買取をしてもらうことができます。目の前で査定したり説明を受けたりすることができるので疑問が残りにくいです。そして査定額に納得がいけば、多くの場合、その場で現金で清算してもらえるので、宝石を急いでお金に換えたいときに便利です。 <デメリット> そもそも店舗が近くになければ来店査定してもらうことができません。お店が混んでいたり、持ち込んだ宝石の品数が多いと査定に時間がかかることがあるので、待たされることがあります。店舗に行く交通費がかかりますので、査定額に納得がいかなくてキャンセルした場合は、店舗まで行くのにかかった交通費や時間が無駄になってしまいます。

(2)宅配査定・買取 <メリット> 日中は仕事などで忙しいという方や、近くに良い宝石買取業者の店舗がないという方でも利用できます。 <デメリット> 宅配用の箱などは業者からもらえるにしても、梱包は自分でしないといけないのが手間です。小さい宝石などは紛失しないように特に注意して梱包する必要があります。宅配査定・買取の場合、発送→宝石買取業者に到着→査定→査定額の連絡→そのまま売却するかどうか決める→売却の場合は金額が振り込まれる、という流れになりますので、発送から振込までに早くても数日かかります。高価なものを預けたまま数日過ごすのが不安ではありますので、あまりに高価な宝石を売却したい場合は自宅まで出張に来てもらう方が良いかもしれません。

(3)出張査定・買取 <メリット> 宝石を持ち歩いたり梱包したりする手間がありません。大量の商品でも、運ぶ必要がないので、楽です。また、来店査定同様に、目の前で査定・解説してもらえます。玄関先で査定が可能なので、わざわざ掃除をする必要もありません。基本的にすぐに現金化してもらえるので、すぐに買取りが成立します。 <デメリット> 事前査定額がいくら以上という制限がある場合や、出張エリアが限られている場合があります。

宝石を送ったり運んだりする間の事故のリスクがないことや、目の前で査定してもらえるので安心だという点から、利用できるのであれば出張査定・買取をされることをおすすめします。