イメージ画像
宝石買取.com|これさえ守れば怖くない!失敗しない実践ガイド TOP代表的な石はダイヤモンド >ダイヤの価値

ダイヤモンドの価値は何で決まるのか


ダイヤモンドの価値を表す「4C」とは

ダイヤモンドの価値は何で決まるのでしょうか。宝石を買取してもらいたいとお考えの方ならピンとくるのではないでしょうか。そうです、4Cです。「フォーシー」や「よんシー」と読みます。私もダイヤモンドの4Cとは聞いたことがありましたが、具体的に説明できるほどは知らなかったので、調べてみました。以下にまとめておきたいと思います。

(1)カラット ダイヤモンドのカラットとは重さのことです。1カラット=0.2gで、小数点第二位または第三位まで表記されています。

(2)カラー マスターストーンとよばれる色の基準となる石と比較して、どのカラーかランク付けされます。宝石店でダイヤモンドをこれから買おうという際にはおそらく、検討中のダイヤモンドをマスターストーンと比較して見せてくれることでしょう。無色透明なほど価値が高く、黄色みが強くなるほど価値が低いです。

(3)クラリティ 透明度のことです。キズがあったりインクルージョンという内包物が影響してきます。当然のことながら、傷やインクルージョンが少ない方が良いですが、それは数の問題だけでなく、大きさや、輝きを邪魔する位置かどうかがポイントです。

(4)カット ダイヤモンドをどのように研磨(カット)しているか、5段階で評価されるようです。

ダイヤモンドは以上の4Cのバランスで評価されます。

それと、4C以外に「蛍光性」という評価基準もあるようですので触れておきます。天然のダイヤモンドでは蛍光性がありますので、天然の証としてチェックされます。蛍光性はよほど強くてカラーに影響を及ぼさない限り、4Cには影響しないと言われています。